小売りPOSシステムの詳細

小売りPOSシステム
POSシステムは、効率的な店舗業務が行えるツールと言えるものです。
POSシステムと言うと、POSレジばかりに目がいきがちですが、実はタブレットやパソコンにも導入ができます。
株式会社システムライフの『小売りPOSシステム』は、パソコンPOS端末によって効率的な店舗管理が行えるツールです。
今回は小売りPOSシステムのあれこれについて、詳細を見てみようと思います。

基本情報

本社

業者名:株式会社システムライフ
所在地:〒810-0071 福岡市中央区那の津3丁目14番14号 吉浦運送ビル2F
TEL:092-771-5176(代表)

東京支店

所在地:東京都港区浜松町2丁目9番6号 浜松町エムプレスビル4F
TEL:03-6452-9860(代表)

そもそもパソコンPOSとは

パソコンPOSとは、市販のパソコン(Windows等)にPOSシステムのソフトウェアをインストールしたものです。
かつタッチパネルディスプレイやキャッシュドロア等のPOS周辺機器を接続する事で、POSレジとしての役割を担えるようになります。
パソコンPOSは市販のパソコンにも導入が可能なので、ハードウェアに依存せずに店舗に沿ったカスタマイズができます。
また、故障や使用年数によりハードウェアの入れ替えを行う必要があったとしても、一からプログラムを構築し直す必要がありません。
そのため、パソコンなどのハードウェアを新しく買い直したとしても、余計な手間を掛けずにPOSシステムの継続的な運用を可能にします。

小売りPOSシステムの特徴

小売りPOSシステムは、商品の販売情報の集計、受発注管理や顧客管理、あらゆるデータの統括的な管理などができます。
そのため、あらゆる店舗業務の手間が省略できるようになります。
また、店舗の用途に沿ったPOSシステムの周辺機器を含めたハードウェアの構成、そしてソフトウェアのカスタマイズも可能です。
また、店舗のPOSシステムと本部のシステムとの連携も視野に入れ、なおかつ導入したとしても、パソコンとしての通常使用もできます。
家具量販店やアパレル専門店、トイガンショップや産地直売所などに導入した実績があるので、一考の価値は大いにあります。

まとめ

株式会社システムライフの小売りPOSシステムは、パソコンPOSの利点を存分に活かしていると言えるでしょう。
POSレジそのものの導入にあまり乗り気でない方は、パソコンにPOSシステムのソフトウェアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする